介護施設によって違う!介護業界での働き方

介護施設で働くといってもさまざまな種類の施設があり、就職する職場によって色々な働き方があります。

施設によって仕事内容が違うのももちろんですが、雇用形態によっても働き方が異なります。

特別養護老人ホームは二つの種類があり、従来型とユニット型の特養です。

特別養護老人ホームの従来型は安心できる介護や安全なサービスの提供を重視しているので働きやすく、効率良く働く事ができます。

入浴の仕事は特浴や機会浴も整備されているので高齢者の誘導や着脱などをサポートです。

介護職員の負担も少なく、20人を2人で見守るので協力して業務を進められます。

仕事の流れも決まっているので初心者でも覚えやすく、スタッフにも質問しやすい環境です。

ユニット型の特養は比較的新しいタイプの施設で、利用者の個室があるので一人ひとりに合った介助が可能です。

高齢者の数も少ないので細かい所まで目が届きます。

介護老人保健施設は在宅と医療機関の間の施設で、自宅に帰る為のリバビリ機能を担っています。

身体に不安な部分があっても介護度は低く、家に帰る為の努力をしているので利用者も前向きに頑張っている職場です。

看取り介護は無いので精神的な負担も軽減されるのです。

正社員として働く場合は安定した収入があり、責任ある仕事も任せて貰えます。

ボーナスの支給や福利厚生などもしっかりしているので長く働き続けられるのが魅力です。

契約社員やアルバイトは気になる施設に自由に就職でき、合わないと思ったらすぐに転職活動に移れます。

自分の将来設計とやりたい事などを総合的に判断して、働く施設や雇用形態を考える事が大切です。

参考になるおすすめのサイトがありますので、こちらもぜひ参考にしてもらいたいです。